ダックスフント27匹公園や路上数カ所に放置!経営難のペットショップ? | ニュース情報トレンド速報

ダックスフント27匹公園や路上数カ所に放置!経営難のペットショップ?

北九州市内の公園や路上に小型のダックスフントが捨てられていました。
10月8日〜17日に小倉北区、小倉南区、門司区で相次いで見つかり、合計27匹いました。

市動物愛護センターや民間の愛護グループが保護しました。
一時は引き取り手がいませんでしたが、現在は感染症で死んだ3匹以外の24匹に新たな飼い主が見つかっています。

同じ犬種が同時に捨てられるのは珍しく、経営難のペットショップなどがまとめて捨てた可能性もあるとみています。

27匹はいずれもミニチュアダックスフントやカニーンヘンダックスフントで、推定7歳~8歳。人間では40歳くらいに相当します。
10月8日に小倉北区の足立公園で13匹、小倉南区の路上で10匹、17日には門司区の新門司公園で4匹が見つかりました。

27匹は生きたまままとめて放置され餌などはありませんでした。
首輪は着けておらず、当然、狂犬病予防法で義務付けられている鑑札などもありませんでした。
手入れもされておらず、小倉南区の10匹のうち3匹は保護後、感染症で死亡してしましました。

市動物愛護センターは殺処分はせずに「飼い主が現れるまで待ちたい」という姿勢でしたが、
26日の新聞で報道されると、センターには全国から約300件の問い合わせがあり、27日までにすべて引き取られました。

飼う以上は、最後まで責任を持ってほしいものです。

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ニュース情報トレンド速報

この記事へのコメント

ニュース情報トレンド速報 TOP » ペット » ダックスフント27匹公園や路上数カ所に放置!経営難のペットショップ?