2ちゃんねる開設者違法薬物販売の書き込み放置で書類送検 | ニュース情報トレンド速報

2ちゃんねる開設者違法薬物販売の書き込み放置で書類送検

2012y12m21d_132136343 2012y12m21d_132112859インターネット総合掲示板「2ちゃんねる」で覚醒剤密売などに関する書き込みを放置したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は20日、麻薬特例法違反(あおり、唆し)のほう助の疑いで、2ちゃんねる開設者で元管理人の西村博之(36)さんを書類送検しました。

掲示板の管理に絡んで、2ちゃんねるの管理者側が摘発されるのは初めてです。



容疑は、2ちゃんねるに違法な薬物売買の投稿が多数掲載されているのをしりながら削除せず、昨年5月に無職男(55)が、覚醒剤約0・2グラムを販売する書き込みをしたのをほう助した疑いです。
投稿した無職男は、覚せい剤取締法違反罪などで懲役4年の判決を受けています。

警視庁は西村さんに書き込みの削除を再三要請していましたが、放置状態が続いていたため、昨年11月以降、都内の西村さん宅や関係先など計10カ所を家宅捜索し、書き込みの削除担当者などから事情聴取を進めていました。

西村さんは、警視庁からの数十回にわたる事情聴取の要請をすべて拒否していたが、警視庁は2ちゃんねる側が家宅捜索後、違法情報を自主的に削除し始めるなど掲示板の運営に改善がみられたことを考慮して、西村さんの逮捕は見送られました。

覚醒剤は「S極上品入荷」「氷販売」など暗号のような言葉を使い投稿されます。
先に逮捕された無職男は「02-1万円」と0.2グラムを1万円で販売すると投稿して、麻薬特例法違反容疑などで逮捕されました。

西村さんは、2ちゃんねるの事業を海外の企業に譲渡し管理人からは退いたとされていましたが、その後も広告収入を得ていたり、削除要請があった投稿についてもスタッフとメールのやり取りがありが合ったことが確認され、実質的な管理者であったとみられています。

管理者の摘発については、好ましい傾向ではないとの刑法・情報法の専門家の意見もあります。

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ニュース情報トレンド速報

この記事へのコメント

ニュース情報トレンド速報 TOP » インターネット » 2ちゃんねる開設者違法薬物販売の書き込み放置で書類送検