全日本フィギュア羽生結弦世界最高得点で初優勝!2位は高橋大輔3位は無良崇人 | ニュース情報トレンド速報

全日本フィギュア羽生結弦世界最高得点で初優勝!2位は高橋大輔3位は無良崇人

12月21日から北海道札幌・真駒内セキスイハイムアリーナで行われている全日本選手権で、SP世界最高得点の羽生結弦(18)選手がフリーでも2位の187・55点をマークし、トータル285・23点の世界最高得点(国内大会のためため参考記録)で初優勝を飾りました。

2年連続6度目の優勝を狙ったSP2位の高橋大輔(26)選手は、完ぺきな演技でフリーの世界最高得点となる192・36点をマークしましたが2位に終わりました。

2012y12m23d_114153093
 

 

 

 

 

 

 

 



最終滑走の羽生は、冒頭でトーループとサルコーの4回転ジャンプ2本はともにバランスを崩しましたが、最後まで集中し、終盤は息を切らしながらも滑り切りました。
「まだまだ高橋先輩らに追いついていない部分もある。たくさんの先輩たちのように強い日本にしていきたい」と。
羽生選手は、これからは日本を引っ張る立場となりました。

ブライアン・オーサーコーチの話 素晴らしい演技だった。五輪でも重圧の中でやらなければいけないし、彼にとって非常にいいテストになった。

世界最高点を出した高橋選手には、花束が次々と投げ込まれていました。
迫真の演技に観客も熱狂しました。
「4回転ジャンプも成功できたし、何よりも思い切りできた」「まだまだやれると思って一からやり直す」。
羽生選手とはライバルとしていいモチベーションになっているとのことです。

3位になった無良選手は4年ぶりの表彰台になりました。
不安があったが、高橋選手と一緒に表彰台に並びたいと思っていた。あらためて追いついていきたいと自覚を持った」と決意を新たにしていました。

4位の織田選手と、5位の小塚選手は、共にジャンプでのミスがあり、表彰台にはとどきませんでした。

※23日に世界選手権の代表が発表されます。
日本の出場枠は男女とも3人です。
①GPファイナル(女子はランキング)の上位3人
②全日本選手権の上位3人
③全日本終了時の世界ランキング上位3人
いずれかを満たす選手から、日本スケート連盟が総合的に判断します。

 

男子FS
1位 羽生結弦 東北高 285.23
2位 高橋大輔 関大大学院 280.40
3位 無良崇人 中京大 242.70
4位 織田信成 関大大学院 240.56
5位 小塚崇彦 トヨタ自動車 228.56
6位 中村健人 立大 226.64
男子SP
1位 羽生結弦 東北高 97.68
2位 高橋大輔 関大大学院 88.04
3位 小塚崇彦 トヨタ自動車 84.58
4位 無良崇人 中京大 84.48
5位 織田信成 関大大学院 80.75
6位 中村健人 立大 76.54
女子SP
1位 鈴木明子 邦和スポーツランド 65.09
2位 浅田真央 中京大 62.81
3位 宮原知子 関大中・高スケート部 60.19
4位 西野友毬 明大 58.53
5位 村上佳菜子 中京大中京高 57.26
6位 本郷理華 愛知みずほ大瑞穂高 56.61

 

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ニュース情報トレンド速報

この記事へのコメント

ニュース情報トレンド速報 TOP » フィギュアスケート » 全日本フィギュア羽生結弦世界最高得点で初優勝!2位は高橋大輔3位は無良崇人