2013年映画業界はアニメが熱い!企業タイアップで売上上昇!! | ニュース情報トレンド速報まとめ

2013年映画業界はアニメが熱い!企業タイアップで売上上昇!!

2013y01m04d_141152921倒産や赤字、閉館など、暗い話題が続く映画業界ですが、
映画業界はアニメに勢いがあります。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(公開中)
『劇場版 ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』(公開中)
『劇場版 青の祓魔師(エクソシスト) 』(公開中)
『映画かいけつゾロリ だ・だ・だ・だいぼうけん!』(公開中)
『劇場版イナズマイレブンGO vs ダンボール戦機W』(公開中)
『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語』(1月5日公開)
『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語』(1月5日公開)
『劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)』(1月12日公開)
『劇場版 ねらわれた学園』(1月12日公開)
『宇宙戦艦ヤマト2199/第四章 銀河辺境の攻防』(1月12日公開)
『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語』(1月5日公開)
『やなせたかしシアター アンパンマンが生まれた日』(1月12日公開)
『やなせたかしシアター ハルのふえ』(1月12日公開)
『劇場版 とある魔術の禁書目録\-エンデュミオンの奇蹟-』(2月23日公開)
『劇場版 聖☆おにいさん』(5月10日公開)
『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』(夏公開予定)
『劇場版 TIGER&BUNNY The Rising』(秋公開予定)

といった具合に、劇場版の続編、人気コミックやライトノベルの劇場版、と様々なところからアニメ映画化が実現しました。



また、企業タイアップと街おこしでも成果が出ています。
 
1つ目は「けいおん!」。劇場版とコラボしたローソンは、「映画 けいおん!」キャンペーンで約10億円の売上を記録しました。

映画ファンは劇場へは行きますが、その作品のロケ地を訪れる人はまだまだ少ないく、何かプラスアルファがないと、ロケ地単体での集客にはなりませんが、
滋賀県豊郷町は、町内の古い建物が「けいおん!」の舞台とそっくりとの評判が広がり、“けいおん!”ファンが集まってきたことを機に、町や商工会が環境作りを進めた結果、人口約7,000人の町に年間5万人以上が訪れるようになりました。

2つ目が「ヱヴァンゲリヲン」。11月17日に「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」が公開されましたが、その盛り上がりは最好調でした。
企業タイアップの数も、UCC上島珈琲、シック・ジャパン、富士急行、カルビー、全日本空輸、ユニクロ、日本中央競馬会、NTTドコモ、ローソン、参天製薬、ロッテリア、ルミネなど20社以上に及び、ひげ剃りメーカーのシック・ジャパンは売上前年比103.7%、参天製薬は目薬「サンテFX」で人類爽快化計画を展開して売上25%純増、全日本空輸は総額1億円の増収効果など、エヴァの威力は絶好調どころか、留まるところを知りません。

エヴァのファン層はとにかく広く、「テレビ版から好きな人、パチンコから入った人、新劇場版でエヴァを好きになった人などさまざまです。
そして、デザイン性の高い作品のため、グッズもアニメファンだけではなく、エヴァファンでなくても普通の生活で着れる、使えるものが作れるため、ポイントが非常に高いです。

「魔法少女まどかマギカ」はローソンやオリコカードなどとタイアップし、来年には販促アニメで大成功を収めた「美少女戦士セーラームーン」の新作アニメがスタートするなど、注目作品が続くアニメ業界。この勢い、まだしばらく続きそうです。

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ニュース情報トレンド速報まとめ

この記事のコメント

この記事へのコメント

ニュース情報トレンド速報まとめ TOP » アニメ » 2013年映画業界はアニメが熱い!企業タイアップで売上上昇!!