羽生結弦快心の演技でショート世界歴代最高99.84点!! | ニュース情報トレンド速報

羽生結弦快心の演技でショート世界歴代最高99.84点!!

2013y12m06d_094058375フィギュアスケートグランプリファイナルは5日、マリンメッセ福岡で開幕しました。

4番滑走の羽生結弦選手が4回転、3回転半、3回転-3回転のジャンプをきれいに決め、パトリック・チャン選手の持つ98.52点の記録を破り、世界歴代最高99.84点をマークしました。

続く5番滑走の町田樹選手、6番滑走のパトリック・チャン選手はともにジャンプの乱れなどあり、2位パトリック・チャン選手、6位町田樹選手という結果でした。

羽生結弦選手は「最初はびっくりして、聞き取れなかった。驚きしか出てこない」と。
「いまやるべきこは何なのか、それをよく考えられているのがいい方向にむすびついている」と手応えを感じていました。
また、7日が19歳の誕生日で「18歳の今しかできないファイナルを思い切り楽しみたい」と語りました。

悔いが残るのは、最後のスピン。足替えの際にわずかによろけてグレードのレベルが「3」に。
最高の「4」ならば、100点超えていました。

女子は6番滑走の浅田真央選手が、ただ一人70点を超え、72.36点でトップに立ちました。

トリプルアクセルが回転不足の判定を受けてしまいましたが、「トリプルアクセルがきれいに飛べたのは今シーズンはじめて」と手応えを感じていました。

衣装も一新し、今季初めて2度のトリプルアクセルに挑む7日のフリーに望む。


男子SP
順位 選手名 国名 得点
1位 羽生 結弦      日本 99.84
2位 パトリック・チャン カナダ 87.47
3位 織田 信成 日本 80.94
4位 閻涵 中国 77.75
5位 マキシム・コフトン ロシア 68.92
6位 町田 樹 日本 65.66

女子SP
1位 浅田 真央 日本 72.36
2位 アデリナ・ソトニコワ ロシア 68.38
3位 アシュリー・ワグナー 米国 68.14
4位 ユリア・リプニツカヤ ロシア 66.62
5位 エレーナ・ラジオノワ ロシア 64.38
6位 アンナ・ポゴリラヤ ロシア 59.81

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ニュース情報トレンド速報

この記事へのコメント

ニュース情報トレンド速報 TOP » フィギュアスケート » 羽生結弦快心の演技でショート世界歴代最高99.84点!!