遠隔操作ウイルス特定される | ニュース情報トレンド速報まとめ

遠隔操作ウイルス特定される

インターネットで犯行予告した疑いで、アニメ演出家の北村真咲さんらが逮捕→釈放された事件が話題になっています。

遠隔操作ウイルスによって、第三者が他人のパソコンを遠隔操作して犯罪予告のメールなどを送りつけるというものです。

遠隔操作ウイルスは、知らないうちいつのまにか侵入するものですが、何もしないところに突然発生するも のではなく、原因となるソフトをダウンロードすることによって一緒にインストールされてしまいます。
今回北村さんは、「2チャンネル」を経由して無料ソフトをダウンロードしていたことがわかりました(大阪府警調べ)。                                                                

ウイルスを仕込んだソフトは、ダウンロードされやすいように、利用を進める書き込みをして誘導します。北村さんはタイマー機能を持つソフトをダウンロードして、遠隔操作ウイルスに感染しました。
ウイルスのファイル名は「iesys.exe」です。

これは「バックドア(裏口)型」と呼ばれ、サイバー攻撃などで使われるウイルスの新種だそうです。
海外などの複数のサーバーを経由しているので、削除してしまえば相手の特定は難しいそうです。

 

無料ソフトのなかには優秀なソフトも多く、誰もが何かしら利用しています。
利用は自己責任でと言います。      

ウイルスソフトの使用はもちろんですが、さらなる注意が必要ですす。

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ニュース情報トレンド速報まとめ

この記事のコメント

[...] ⇒http://iiseikatu1.com/807d     先日も「遠隔操作ウイルス」が見つかりましたが、  [...]

この記事へのコメント

ニュース情報トレンド速報まとめ TOP » パソコン » 遠隔操作ウイルス特定される