あまりにも巧妙な偽サイトフィッシング詐欺に要注意! | ニュース情報トレンド速報

あまりにも巧妙な偽サイトフィッシング詐欺に要注意!

あやしい「ネット通販詐欺サイト」をお知らせしましたが、

今度はネットバンキングの「フィッシング詐欺」が多く発生しています。

どのネットバンキングのトップぺージでも、目立つように注意を喚起していますが、 あまりにも巧みなサイトに、つい個人情報を書き込んでしまいそうになります。

フィッシング (詐欺)とは インターネットのWWWやEメール等を使った詐欺の一種で、本物のウェブサイトを装った偽のウェブサイトへのURLリンクを貼ったメールを送りつけ、クレジットカードの会員番号といった個人情報や、銀行預金口座を含む各種サービスのIDやパスワードを獲得することを目的とするものである。



日本でのフィッシング詐欺は2005年11月に初めて被害がでました。

最近では、2012年10月には国内各大手銀行のネットバンキングサービスを開くと、常駐したマルウェアが偽のログイン画面をポップアップして暗証番号などを入力させる手口で、不正に預金を引き出される被害が発生しています。

対策は
個人情報を入力する前に、本物であることの確認
URLが本物であることの確認
ウイルス対策ソフトに対策機能がある場合はそれを有効にすること
利用しようとしているサービスのセキュリティーの仕組みを理解すること
メールヘッダーにて送信者情報の確認 メールに書かれているリンクを安易にクリックしない

銀行や信販会社はウェブで情報を確認することはなく、必ず書面で行われるが、 不幸にもこのフィッシング詐欺が疑われるサイトで、IDやパスワード等を教えてしまった場合には、電話やメール(早いほど良いので、電話の方が望ましい)でサービス提供元に相談し、サービス停止およびパスワード変更といった対策を取るべきである。 (Wikipedia参照)

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ニュース情報トレンド速報

この記事へのコメント

ニュース情報トレンド速報 TOP » インターネット » あまりにも巧妙な偽サイトフィッシング詐欺に要注意!