Twitter(ツイッター)で津波警報なう!自治体も防災に活用なう! | ニュース情報トレンド速報

Twitter(ツイッター)で津波警報なう!自治体も防災に活用なう!

Twitter(ツイッター)の新しい利用法として、自治体が情報発信に取り組んでいます。

東日本大震災を機に、Twitter(ツイッター)を利用して気象や防災情報を発信しようとする自治体が増えています。
即時性が防災情報発信に適しているということで注目されています。

実際に東日本大震災のとき、Twitter(ツイッター)で避難を呼びかけた職員がいます。全国に被害状況を発信して重要な役割を果たしました。
震災後は登録する自治体が3倍に伸びたそうです。
停電でも携帯電話やスマートフォンから受信できるので、いざというときの情報発信源としてTwitter(ツイッター)の存在がクローズアップされました。
使い方は自治体によって異なるようです。
防災情報のみを発信する自治体。交通の情報を発信する自治体。町の防災無線の情報を発信する自治体等さまざまです。
具体例
「津波の到達予想時刻や高さは目安です。これよりも早く押し寄せたり、予想される高さよりも高いこともあります。十分に警戒してしてください。
「宮城県に津波注意報が発表されました。沿岸には近づかないでください」
問題点
アカウントをつくっても情報の発信のないところもあります。
情報弱者のお年寄りや子どもには、やはり届きにくいということです。
Twitter(ツイッター)をやっている方も、そうでない方も、携帯&スマホをお持ちの方はチェックしてみてください。

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ニュース情報トレンド速報

この記事へのコメント

ニュース情報トレンド速報 TOP » 災害ニュース » Twitter(ツイッター)で津波警報なう!自治体も防災に活用なう!