ソチ五輪 | ニュース情報トレンド速報まとめ

葛西紀明W杯ジャンプ優勝!男子最年長優勝記録を更新!!

2014y01m13d_10482701111日、オーストリアのバートミッテルンドルフで行われたノルディックスキーのW杯ジャンプ個人第13戦で、葛西紀明選手が優勝し、史上最年長優勝の快挙を達成し、7度目の冬季五輪となるソチへ弾みをつけました。

1回目に196メートルを飛んでトップに立つと、2回目も197メートルで合計391・6点。
2004年2月のパークシティ大会(米国)以来10シーズンぶりの優勝を飾り、岡部孝信選手が持っていた38歳4カ月の最年長記録を更新し、船木和喜選手と並んでいた日本人のジャンプW杯通算勝利数も16勝と単独最多となりました。

葛西選手は「カミカゼ」の愛称を持ち、ジャンプの本場欧州で知名度が高いく、1回目にトップで、2回目の最後に飛ぶ直前には約5万人のファンの多くが旗を振り「カサイ!」と声援が送られました。

ジャンプの盛んな欧州では10季ぶりの勝利を飾ったベテランに高い関心が集まっています。

→『葛西紀明W杯ジャンプ優勝!男子最年長優勝記録を更新!!』の詳細ページへ

羽生優勝!2位町田 3位小塚 ソチ五輪代表は誰の手に!!

フィギュアスケート全日本選手権が(22日、さいたまスーパーアリーナ)で行われ、男子では、前日のショートでトップに立った羽生結弦選手がフリー194.70点、SPとの合計297.80点の高得点で大会2連覇をかざり、ソチ五輪代表を決めました。

今回の全日本選手権はソチ五輪代表最終選考会となるため、各選手メダルを目指しましたが、 羽生選手は決定、町田選手も当確で、残りの1人を小塚選手と高橋選手で争うことになります。

羽生選手はは冒頭の4回転サルコウで転倒しましたが、続く4回転トゥループを何とか成功させると、後半のジャンプをしっかり決め、フリー、ショートの合計点は非公認ながら自己ベストを超える得点となりました。

2位は好演技を続けた町田選手がフリー183.82点、SPとの合計277.04点で入り、代表当確に近づきました。
町田選手は練習のしすぎからか19日に疲労で倒れましたが、無事滑り切ることができました。

負傷をおして出場した高橋選手は5位となり、復調の小塚選手が3位となりました。

2013y12m23d_120322088

→『羽生優勝!2位町田 3位小塚 ソチ五輪代表は誰の手に!!』の詳細ページへ

フィギュアGPシリーズ開幕!注目は浅田真央?羽生結弦?キム・ヨナ?安藤は不参加

シリーズ第1戦のスケートアメリカは、19日~21日(現地時間)米ワシントン州ケントで開かれます。

今年度は来期のソチ五輪の出場枠がかかった試合も控えており、大事なシーズンとなります。
ソチ五輪に向けたルール改正などもあり、目が離せません。

 7日に記者会見が行われました。

浅田真央選手は「精神的にも技術的にもレベルアップして安定している。少し安心してGP初戦を迎えられる」と述べて巻き返しの自身を見せました。

高橋大輔選手は「ソチ五輪への準備の一環としてファイナルには絶対に行きたい」と意欲十分です。

→『フィギュアGPシリーズ開幕!注目は浅田真央?羽生結弦?キム・ヨナ?安藤は不参加』の詳細ページへ

ニュース情報トレンド速報まとめ TOP » ソチ五輪